2010年04月06日

大イチョウ芽吹く、残った根元から…鶴岡八幡宮(読売新聞)

 鶴岡八幡宮(鎌倉市)は1日、強風で倒れたご神木の大イチョウの残された根元部分から、青い新芽が生えたと発表した。

 いずれも1センチ未満で、周辺に数十の芽が確認された。

 再生を願って境内に設置した記帳所には、1日までに約2万5000人が訪れた。八幡宮では今後も新芽の成長と移植した幹の根付きを見守るという。

自民「離党ドミノ」警戒、党融解も現実味?(読売新聞)
<JR西>緊急停止装置外し運行 点検後に再設置怠り(毎日新聞)
尼崎で火事 5人搬送(産経新聞)
花見 好天も後押し東山動植物園に3万5500人 名古屋(毎日新聞)
アトピー性皮膚炎治療薬の共同開発に向け協議へ―アンジェスと塩野義(医療介護CBニュース)
posted by ナカソネ トシオ at 11:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。